インターネットFAXサービス7社比較【おすすめはこれだ!デメリットは?】

netfax会社を比較していきます!

ネットさえ繋がれば、どこにいてもFAXの送信・受信が簡単にできてしまう…。
それがインターネットFAX。
FAXを大量に利用する必要がある企業の方
自営業を行っている方
FAXにかかるコストを抑えたい方
こんな方々から、人気や評価が高いようです。

インターネットFAXは、どこのサービス会社でも仕組みはほとんど同じ。
ですが、操作方法や機能はサービス会社によって異なります。
また初期費用や毎月必要な料金も、それぞれまったく違ってきます。
このサイトでは、そんなnetfaxの会社を複数取り上げて検証・比較して行きたいと思います!


インターネットFAXのサービス・価格を7社分比較してみた!

これからインターネットFAXを導入しようかな、と考えている人が最も気になるのが…。
どれくらいの費用がかかるかということでしょう!!
インターネットFAXを導入するときには、基本的に
  1. 導入時にかかる初期費用
  2. 毎月の月額料金
この2つが必要になってきます。
加えて、FAXを送信することで送信料金がかかってきますから、料金はインターネットFAXを比較するときに重要な項目です。
やはり、せっかくなら安くてユーザーの評価の高いnetfax会社を利用したいですよね。
そこで、主要なnetfax会社を比較してみましたのでご覧ください!

最終更新日

PamFAX モバイルFAX fax050.jp eFax jfax メッセージプラス BizFAX
ストレージ&リモート

PamFAX

モバイルFAX

fax050.jp

efax

bizfax

bizfax

bizfax

《初期費用》
無料
《初期費用》
無料
《初期費用》
無料
《初期費用》
無料
《初期費用》
無料
《初期費用》
1000円
《初期費用》
1000円
《送信料金》
毎月20枚まで
無料

20枚以降9円/枚
《送信料金》
約25円or50円/枚
《送信料金》
20円/枚
《送信料金》
毎月150枚まで
無料

151枚以降10円/枚
《送信料金》
毎月50枚まで
無料

51枚以降10円/枚
《送信料金》
15円/枚
《送信料金》
約2.2円〜25円/枚
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《受信料金》
毎月150枚まで
無料

150枚以降10円/枚
《受信料金》
毎月100枚まで
無料

101枚以降10円/枚
《受信料金》
無料
《受信料金》
無料
《月額料金》
895円/月
《月額料金》
300円/月
《月額料金》
30日間無料
500円/月
《月額料金》
30日間無料!
1500円/月
《月額料金》
30日間無料!
990円/月
《月額料金》
950円/月(年払いは792円)
《月額料金》
1000円/月
《50枚送信時の料金》
1,165円
《50枚送信時の料金》
2,460円
《50枚送信時の料金》
1,500円
《50枚送信時の料金》
1,500円
《50枚送信時の料金》
990円
《50枚送信時の料金》
1,542円〜1,700円
《50枚送信時の料金》
1,110円〜2,250円
《FAX番号》
東京03のみ
《FAX番号》
020
《FAX番号》
050
《FAX番号》
全国の主要54都市の
市外局番から選べる
《FAX番号》
東京03のみ
《FAX番号》
050
《FAX番号》
050
《対応機種》
PC・スマホで送受信可
携帯利用不可
《対応機種》
Softbank/auの携帯は受信のみ
それ以外はすべて送受信可
《対応機種》
PC・スマホ・携帯
すべて送受信可
《対応機種》
PC・スマホ・携帯
すべて送受信可
《対応機種》
PC・スマホ・
で送受信可
《対応機種》
PC・スマホ・
で送受信可
《対応機種》
PCのみ送受信可

PamFax
公式サイト



モバイルFAX
公式サイト



fax050.jp
公式サイト



eFax
公式サイト



jFax
公式サイト



メッセージプラス
公式サイト



BizFAX
公式サイト



おすすめNo1のインターネットfax会社は?
いかがでしょうか?
管理人ミツヤのこの時点の感想は…。
「efaxのfax番号が54都市の市外局番から選べるのはおすすめポイントだなー」と言うこと!
これなら日本の何処に住んでいても、電話番号と揃ったfax番号に出来ますもんね。
お仕事で利用される方は特に、ここは外せないのではないでしょうか?
ただ、どのサービスもメリット・デメリットがありますね。
また、ここまで比較してみて気付いたのですが、結局一番安いのはどれなのか少しわかりにくい…。
そこで、次は枚数ごとの月額料金を比較してみたいと思います!

枚数ごとの料金を比較してみた!

月に100枚ずつ送受信した場合
eFax PamFAX モバイルFAX fax050.jp BizFAX jfax メッセージプラス
《合計金額》
1500円
《合計金額》
1615円
《合計金額》
2800円or5300円
《合計金額》
2500円
《合計金額》
約1220円〜
《合計金額》
3490円
《合計金額》
2292円or2450円

100枚送る場合だと、各社の利用料金に差が開きます!
見て下さい…eFAXPamfaxがダントツの安さです。

efaxの強みは、毎月150枚まで送信も受信も完全無料なところ!!
ですから、150枚までなら月額料金の1500円しか必要が無いんです。
faxをたくさん送受信するけど、経費はかけたくない…
そんな方にはefaxがおすすめです!

>>eFAXのトライアルをする方はこちらから!<<


また毎月100枚の使用なら、pamfaxも安いです。
ただPamfaxは、21枚目以降の送信には1枚あたり9円の料金が発生します。
もっと送信枚数が増えそうな方は注意です!

月に10枚ずつ送受信した場合は?
eFax PamFAX モバイルFAX fax050.jp BizFAX jfax メッセージプラス
《合計金額》
1500円
《合計金額》
895円
《合計金額》
550円or800円
《合計金額》
700円
《合計金額》
約1022円〜
《合計金額》
990円
《合計金額》
942円or1110円

10枚の送受信で比較してみると、モバイルFAXとFAX050がお得なように感じますね。
モバイルFAXがなぜふたつ値段が書いてあるかと言うと、1回の送信料が約50円で、1回につき2枚まで送信出来るという仕組みだからです。
つまり1回に1枚ずつ送信してしまうと、1枚で50円がかかってしまうんですね。
ちょっと面倒なシステムなので、細かいことを気にしたくない方にはちょっとおすすめ出来ないかも…。

FAXは10枚どころではなくたくさん利用する方もいるはず。
毎月の利用枚数をあらかじめ計算して、netfax会社を選ぶのがオススメです!

ちなみに、Efaxは150枚以上の枚数を送受信したとしても、他のサービスもかなりお得。
やはりFAXをたくさん利用する方は、eFAXがかなりお得になるんです。

さらにeFAXでのオススメポイントは、FAX番号を国内の市外局番から選べるところ!
PC・スマホ・携帯すべてで利用出来、iphone/Andoroid両方のアプリに対応しているところも挙げられます。
30日間無料のトライアルも行っていますから、気になる方は試してみて下さい!

↓↓おすすめNo1!【efax】のページをみる↓↓

efax公式ページへ

各サービスのデメリットとは?

ちなみに各社のデメリットをピックアップすると、下記のような点になります。
efax 無料で送れる枚数は毎月150枚まで
jfax無料で送れる枚数は毎月50枚まで
faxの市外局番が東京03のみ
Pamfax無料トライアルがない
無料で送れる枚数が20枚と少ない
faxの市外局番が東京03のみ
モバイルfax無料トライアルがない
1枚目から送信料金がかかる
faxの市外局番が020のみ
fax050.jp1枚目から送信料金がかかる
faxの市外局番が050のみ
メッセージプラス無料トライアルがない
1枚目から送信料金がかかる
faxの市外局番が050のみ
初期費用がかかる
Bizfax無料トライアルがない
1枚目から送信料金がかかる
faxの市外局番が050のみ
初期費用がかかる
こうして見ても、efaxとjfaxは他社に比べてデメリットが少ない事がわかります!
各社のデメリットも把握しておくと、サービスを選びやすくなりますね。

会社・法人におすすめなのは?

ここまで見てきて気になるのは、仕事で使う上ではどのサービスがおすすめなのか?と言うことですよね。
法人におすすめなのは…、efax
比較の箇所でもわかりますが、毎月150枚まで送信も受信も出来ます。
faxのやりとりをある程度する会社でも、月額料金だけで利用出来るのが強みです。
ちなみに月に100枚ずつ送受信しても料金は、1,500円!
すごくお安いです。
法人としての利用でインターネットfaxを探している方は、efaxの公式ページを是非見て下さい!

↓ ↓ クリックして、efaxのトライアルをみる ↓ ↓

efax公式ページへ

netfax各社を選んだ方の口コミ紹介!

こうして調べていくと、

「実際に使ったときの使用感ってどうなんだろう…?」
「ほんとうに便利なの?」

など気になってきますよね。
ここでは、実際にnetfax各社のサービスを利用している方々の感想を紹介していきます!

 

アプリが使えるefaxを遣ってます

インターネットFaxを導入する必要があったことから、いろいろな会社のホームページをチェックしてました。
サービスはそこまで大きく違う訳ではないので迷いましたが、スマホアプリが利用できるということで、eFaxを選びました!
私は外出していることが多い仕事なので、スマホでFaxの送受信ができるのはすごく助かります。
これまでは、逐一オフィスに戻らないとならなかったので…。
時間と労力の節約につながりました!

営業代行 【30代男性】

枚数が少ない人や会社にはjFAXがおすすめ

自宅でフリーの仕事をしています。
jFaxを選んだ理由は、月間で送受信するFaxの枚数が、各20枚程度だったから。
月額料金も990円とお手頃だったし、私の仕事の状況にはjFaxが最適でした。
もっと多くの枚数をやり取りする方であれば、他のサービスがあっているかもしれませんね。
参考になるかどうかわかりませんが、月間の送受信の枚数が少ない場合には、jFaxはおすすめです!
完全にメールに移行するまでは、jfaxを使い続けようと思っています♪
このご時世でも意外となくならないんですよね、ファックスって…。

フリーライター 【40代女性】

実際に試せるのがいい!

eFaxを選んだのは、部署で相談して申し込んだ30日間の無料トライアルでの使い勝手の良さを感じたためです。
やっぱり実際に使ってから契約できるのはありがたいですねー。
そもそもインターネットFaxって本当にちゃんと送れるのか?
と、思い込んでいたので、余計に便利さが身にしみています。
外出先でもタブレットやスマホでFaxが確認できるので、特に出張の際に役立っています。
むしろなんでもっと早く導入しなかったのかな…と思ったり。
内勤のメンバーも便利につかってますよ。

通販関係 【30代男性】

番号は適当に選びたくない!

うちの会社では、昨年からefaxを使っています。
eFaxを選んだ一番の理由は、市外局番の種類の豊富さ。
他のインターネットFaxの場合、東京03とか大阪06か、050のIP電話だったりするため、通常の電話番号の市外局番と違いすぎてしまうのがどうかな?と。
支社ごとの市外局番が取得できるので、齟齬が生まれなくて助かります。
個人だったらそんなに問題はないのかもしれませんが、大きくしていきたい会社さんにはおすすめです!
料金も高くないので、結果的にコストカットになっている気がします。

不動産業 【40代男性】

口コミをまとめてみると…

口コミをまとめると
ポータブルなファックスと言う感じで使いやすい
自分にあったサービスを選ぶのがおすすめ
と言う意見が多く寄せられました!
ちなみに人気が高かったのは、jfaxとefaxでした!

 

↓↓ クリックして、jfaxのトライアルをみる ↓↓

jfax公式ページへ

 

↓↓ クリックして、efaxのトライアルをみる ↓↓

efax公式ページへ

インターネットFAXはどうやってはじめるの?

比較したら始めよう!

たとえば、自宅でインターネット接続を行おうとなったときには、回線を接続するために機器を導入したり、そのために工事を行ったりすることもあります。
その他にも各種設定をしたりと、導入時にしなければならないことはたくさんありますよね。
それでは、インターネットFAXはどうなのでしょうか?

netfaxを始めるのは簡単!

インターネットFAXは、ネット環境があれば申しこめばすぐに利用できます。
netfaxは、ネット環境、それからPCやスマホ・携帯さえあれば、特に準備は必要ないんです!
また、インターネットFAXの初期費用は必要なく、0円という会社が多いです。
トライアルキャンペーンがある会社もありますので、上手に使って便利なインターネットFAXをご自身で体験してみるのがおすすめです。

(インターネットFAXの使い勝手等が気になるという方はこちらをチェックしてみて下さい。
参考サイト:eFax評判.jp【実際に契約し使ってみた!口コミまとめ】

 

トライアルもあって管理人のおすすめナンバーワンなのは、【efax】です!

↓ クリックしてefaxのサイトをチェックする ↓

efax公式ページへ

インターネットFAXを選ぶポイントとは?

netfaを選ぶポイントとは?

大幅にコスト削減が見込めるインターネットFAXを取り入れようという人は、法人でも個人でも多いようです。
とは言っても、インターネットFAXを提供している会社はたくさんあり、各社のサービスはさまざま。

  1. 料金
  2. 送受信できる枚数

など、サービス内容や機能はサービス会社によって異なります。
しっかりと比較し、ユーザーの評価も踏まえて選ぶ必要がありますね!

 

仕組みなどもよくわからないで選ぶと、後で「しまった!」ということになるかもしれません。
コスト面は非常に重要ですが、他に見ておきたいポイントも押さえておきたいですね。
ここでは、インターネットFAXを選ぶポイントを検証していきたいと思います。

先に言ってしまうと、大事なのは…

  1. 送受信の機能
  2. 対応機種
  3. 初期費用
  4. 月額の利用料金
  5. 自分達の利用する枚数と料金

です!!

送受信機能

まずネットファックス会社を比較する前に考えておきたいのが、送信・受信などで必要な機能。
インターネットFAXは各サービスによって、

  1. 送信機能のみ
  2. 受信機能のみ
  3. 送受信機能とも可能

と機能が異なります。
FAXの使用方法をチェックして、用途によって選ぶようにしましょう!

 

スマートフォン、携帯電話に対応しているか?

外出や出張が多い方や「外出先でFAXを確認したい」という方に確認して欲しいポイントは、パソコン以外にスマートフォンや携帯電話などでFAXを送受信できるかどうか。
インターネットFAXは、パソコンでは利用できてもスマートフォンや携帯電話に対応していないサービスもあります。
「自分や自分の会社がどのように利用するか?」を考えて選ぶことが大切です!

 

初期費用

初期費用はインターネットFAXを提供するサービス会社によって、

  1. 無料
  2. 1,000円
  3. 2,000円

などさまざまです。
常に初期費用は無料という会社もあります。
そうでなくても、初期費用が無料になるキャンペーンを各社とも行っています。
これからインターネットFAXを導入しようという方は、その期間を狙うのがおすすめです!

 

月額料金

初期費用をチェックしたら、次は月額料金を比較します。
月額料金はインターネットFAXを利用している期間は支払い続けるものです。
また、月額料金に加えて送受信の料金が発生する場合は、その料金も合わせて判断することが必要です。

 

送受信料金と枚数

サービス会社によっては、受信料金が無料や送信料金が何枚まで無料などと設定されているところもあります。
FAXの利用が多い企業などでは、送受信料金と枚数はしっかりとチェックして検討する事が必要ですね。

他にもある!インターネットfax会社を更に調べてみた

実は最初の比較表で紹介している他にも、インターネットファックスの会社は存在します。
ここでは、1社ごとに初期費用や送信料金などを紹介していきますね。

 

秒速fax

秒速fax

まず紹介するのは、秒速fax。
秒速faxは、大まかに分けて

送信サービスの、秒速fax 
受信サービスの、秒速faxPlus

この2つのサービスがあります。
秒速faxPlusの中からも、月額使用料金や受信料金などの違う「SOHO」「ベーシック」「ビジネス」の3つのプランが選べますよ。

 

秒速faxの料金体系とは?

秒速ファックスと秒速faxPlusを利用するには、下記のような料金がかかります。

 

秒速fax

初期費用 無料
月額料金 無料
送信料金 5,000枚までは1枚10円 5,000〜10,000枚 9円 10,001〜50,000枚 8円 50,000枚以上は1枚7枚
受信料金 送信専用なので受信はなし
50枚送信時の料金 500円

秒速faxPlus

初期費用 1,050円
月額料金 SOHO:498円・ベーシック:798円・ビジネス:980円
送信料金 受信専用なので送信はなし
受信料金 SOHO:1枚あたり8円・ベーシック:1枚あたり3円・ビジネス:無料
50枚受診時の料金 SOHO:898円・ベーシック:948円・ビジネス:980円

秒速faxPlusで利用出来るfax番号は?

また、fax番号は下記の番号を取得出来ます。

  • 03(東京)
  • 048(さいたま)
  • 043(千葉)
  • 044(川崎)
  • 045(横浜)
  • 052(愛知)
  • 06(大阪)
  • 050(IP番号)

受信と送信でサービスがくっきり別れているのが、秒速faxの特徴。
受信か送信のどちらかに突出して沢山利用する方は、選びやすいのではないでしょうか。

 

>>【秒速fax】の公式ページはこちら<<

 

MOVFAX

movfax

次に紹介するのは、MOVFAX。
MOVFAXには、スタンダードプランとプレミアムプランの2つのプランが用意されています。
事業規模や用途によって、プランを選びましょう。

MOVFAXの料金体系は?

初期費用 両プラン共に1,000円
月額料金 スタンダード:980円・プレミアム:3,980円
送信料金 1回の送信で2枚まで8円
受信料金 1ヶ月1,000枚まで無料

MOVFAXで利用出来るfax番号は?

MOVFAXでは、下記のfax番号が選べます。

  • 03(東京)
  • 06(大阪)
  • 045(神奈川)

efaxや秒速faxと比べると選べる番号は少ないMOVFAX。
ですが、無料で受信出来る枚数は1ヶ月1,000枚とかなり多いので、大量にfaxを受信する方にはおすすめです!

 

>>【MOVFAX】の公式ページはこちら<<

050の番号にfaxが送れるのはなぜ?

近年目にするようになった、「050」の番号。
インターネットfaxでは、この番号にもファックスが送れます。
その仕組みを調べてみました!

 

そもそも050の番号って何なの?

050から始まる番号は、IP電話の番号。
従来のアナログ回線の電話ではなく、ブロードバンド回線を利用する電話です。
NTTのひかり電話・KDDIのauひかりなどですね。

 

050にfaxが送れる仕組みって?

インターネットfaxでは、先方のfax番号が050から始まるIP電話番号だった場合も送信が出来ます。
faxを送りたい相手先のファックス番号が050で始まっている時(IP電話番号でfaxが受信出来るようになっている場合です)、IP電話用アダプター(VoIPアダプター)と構内交換機(PBX)に出力の為のfax機・複合機などが繋がれています。
こちらから送信したfaxはデータ圧縮され一旦IPパケットになり、IPネットワークを介し、先方のVoIPアダプターに届きます。
IP電話に電話が繋がるのと同じシステムで、faxが送れるんですね!

まとめ

いかがでしたか?
ネットファックスの会社も色々ですが

  1. 毎月どれ位利用するか?
  2. どんな風に利用したいか?

によって、選ぶ会社が変わりそうです。
管理人が調べた情報も順次追加して行きたいと思いますので、また是非読んで下さい!