インターネットfaxのデメリット!本当にコスト削減になる?手書きは送れる?

netfaxのデメリットとは…!?

インターネットFAXは大幅なコストダウンも期待できて、特にデメリットはなさそうな気がします。
ですが、使ってみると不自由を感じることも…。
このページでは、netfaxのデメリットを検証してみます!

 

 

 

接続環境を整えなければならない

netfaxにはネット環境が必須

ネットが繋がっていなければ受信出来ないけど、どうするべき?

パソコンの電源が入っていないときは、スマートフォンで受信するようにしておきましょう!

接続環境はどうすればいい?

まず、時間を問わずFAXが送信されてくるような場合は、24時間インターネットに接続されていなければなりません。
インターネットに接続されているパソコンなどの端末も、電源が入っている必要があります。
ビジネスなどで利用していて、日時を問わずFAXを受信する必要がある場合は、常時インターネットに接続していて受信する環境が必要です。
この環境を整えるのにコストがかかる可能性もありますね。

 

ただし、最近は個人でもインターネットの常時接続は当然になっていますし、パソコンだけでなくスマートフォンや携帯でも受信できます。
パソコンの電源が入っていないときはスマートフォンで受信するようにしておけば、特に問題ではない人もたくさんいるでしょう。

 

本当にコストダウンになるかどうか確認する

しっかりと費用を把握しよう

コスト削減にならない場合もある?

従来のファックスを使った方が安い場合もあります!

コスト削減にならない場合って?

コストダウンにならない場合も?

上記にある通り、faxを送信する先の距離が近い場合、コストダウンにならないケースがあります。
ここではそれぞれのファックスの料金を計算してみたいと思います!

通常のfaxは、電話回線やISDN回線を利用して情報を送ります。
その際にかかる料金は、通話時間やデータの通信料として算出されます。

通常のNTTの電話回線(アナログ回線)を利用してfaxを送る場合

NTTの電話回線を通してfaxを送信する場合、送信料金は送信にかかる時間と距離から算出されます。

【県内】
まずは、近い距離で同一県内のケースから見てみましょう。
同一市内の場合、3分までの送信は8.5円(深夜から早朝は4分まで8.5円)。
市外の場合、

  • 20キロ以内であれば90秒まで20円(深夜から早朝は2分まで20円)
  • 20キロから60キロの距離で1分につき30円(19-23時は75秒まで30円・深夜から早朝は90秒まで20円)
  • 60キロより遠い場合、45秒まで40円(19-23時は1分まで30円・深夜から早朝は90秒まで20円)

です。

 

【県外】
続いて、県外の料金を見ていきます。
20キロ以内は前項の同距離と同じで、90秒まで20円(深夜から早朝は2分まで20円)です。

  • 20-30キロの場合、1分まで30円(深夜から早朝は75秒まで30円)
  • 30-60キロの場合、45秒まで40円(19-23時は1分まで30円、深夜から早朝は1分まで30円)
  • 60-100キロの場合、30秒まで60円(19-23時は45秒まで40円、深夜から早朝は1分まで30円)
  • 100キロ以上の距離がある場合、22.5秒までは80円(19-23時は26秒まで70円、深夜から早朝は45秒まで40円)

となります。

 

このように、同一市内では凄くお安く余裕を持って送れるんです。
1枚辺り幾らではなく、送信にかかる時間からしか算出出来ないので正確に「1枚◯◯円!」とは言えませんが…。

1ヶ月辺りの料金は?

たとえば1日1枚faxを送るとして、送信が20秒以内に送信が完了するとしたら…

同一市内であれば1ヶ月(31日)で263.5円
県外で100キロ以内であれば1ヶ月(31日)で1860円

です。
こちらに基本料金1,700円が加わります。
このように幅はありますが、近ければ近い程かなりお得に送信出来ることがわかります!

ISDN回線を利用してfaxを送る場合

ISDN回線を利用してfaxを送る場合は、利用しているサービスごとに料金は変わるようです。
例えばBIGLOBEなら、国内に送信する場合は1枚あたり40円程度がかかるようですね。

 

ちなみにISDN回線でファックスを送るにも

  • G4規格のfax機で送信する
  • fax機ではなくパソコンからfaxを送る

この2つの方法があります。

1ヶ月辺りの料金は?

たとえば、

BIGLOBEで1日1枚faxを送るとすると、1ヶ月(31日)で1,240円+月額基本料金1,500〜2,000円
フレッツISDNで1日1枚faxを送るとすると、1ヶ月(31日)でプロバイダ料金+月額利用料2,800円+ユニバーサルサービス料金

このような料金がかかります。
BIGLOBEもフレッツISDNでも、送信料金以外に月額利用料金もかかるのでちょっと高めですね…。

光回線を利用してfaxを送る場合

続いて検証するのは、光回線!
光回線のオプションでfaxの使用が出来るようにしておき、G3規格やスーパーG3規格等のfax機を用意すれば、光回線を利用してfaxを送ることも出来ます。
使用する回線によってG3規格・スーパーG3規格のいずれかが使用出来ない場合もあります。
あらかじめ光回線の確認をしておきましょう!

 

この際かかる料金も電話回線を利用してfaxを送る時と同じで、送信にかかった時間から算出されます。
例えば

  • フレッツ光のひかり電話なら、同一市内なら3分8〜8.5円・同一県内なら3分8〜40円・県外なら3分8〜80円

    ※通信先がひかり電話に加入している場合とそうでない場合によって、金額が変わってきます。

  • KDDIのauひかり電話なら、3分8円。

こんな感じの料金です。

1ヶ月辺りの料金は?
フレッツ光のひかり電話で1日1枚faxを送った場合は、248円〜2,480円+基本料金3,000円代〜
KDDIのauひかり電話で1日1枚faxを送った場合は、248円+基本料金5,600円〜

です。
光回線でfaxを送る場合も距離は関係ありませんが、利用している会社によって料金はかなり変動してきます。

 

従来のfaxを送る際にかかる料金はこんな感じです。

NTTの電話回線でfaxを送る 同一市内であれば263.5円+基本料金1,700円
県外で100キロ以内で1860円+基本料金1,700円
ISDN回線でfaxを送る BIGLOBEは1,240円+月額基本料金1,500〜2,000円
フレッツISDNはプロバイダ料金+ユニバーサル利用料金+月額利用料2,800円
光回線の電話でfaxを送る 248〜2,000円代(サービスによる)

※1ヶ月(31日間)1日1枚faxを送った場合

従来のfaxの場合、送信料金の他に回線設置やfax機代と言った初期費用や基本料金がかかります。

 

それに対し、インターネットfaxで1ヶ月(31日間)1日1枚faxを送るとすると…

efax 送信料金は無料+月額料金1,500円+初期費用0円
jfax 送信料金は無料+月額料金990円+初期費用0円
メッセージプラス 送信料金は465円+月額料金792〜950円+初期費用1,000円

※1ヶ月(31日間)1日1枚faxを送った場合

インターネットfaxの場合は、基本の送信料金の他に初期費用や月額料金などがかかります。

 

こうしてみると、fax料金はインターネットファックスがかなり安い事がわかります。
ただ、
電話回線とfax機が既に設置してあり、同一市内にfaxする場合
上記に該当する方は従来のfaxを利用した方がお安く利用出来そうです!
コストダウンを期待してインターネットfaxを導入する場合は、自分がどこにfaxを送る事が多いのか振り返っておきましょう!

ちなみに、ファックスを送るのに利用出来る回線は

  • アナログ回線
  • ISDN回線(いわゆるデジタル回線)
  • 光回線

上記の3つ!

  • G3規格(アナログ回線・光回線)
  • スーパーG3規格(アナログ回線・光回線)
  • G4規格(ISDN回線)

と、それぞれに対応している規格があります。

 

手書きのFAXを送る頻度を確認する

手書きの書類はデータにする必要があります

手書きのファックスも送れるの?

手書きのものはスキャンする必要があります。

手書きをそのまま送ることは出来ません

そして、最大のインターネットFAXのデメリットといわれているのが、手書きのFAXを送れないこと。
手書きのFAXを送る場合とは、たとえば通販のカタログなどから注文を行う時など。
注文書に注文する品物の番号などを記入してFAXを送信しますよね。
インターネットFAXではこの使い方ができません。
たとえば、建築などの図面、設計図などを送りたいというときにも、インターネットFAXでは送ることができません。
まず送信したいものを、スキャンしてデータにしなければいけないんです。
枚数が多い場合はスキャンをするのも大変です。
ですから…

  1. 手書きファックスが送りたくて、しかも枚数が多い
  2. 手書きファックスをデータにするのが面倒

こんな人には、インターネットFAXはメリットがないかもしれません…!

まとめ

このページでは、netfaxのデメリットとその対応策を挙げてみました。
ネットファックスはかなり便利ですが、このページで挙げたポイントはインターネットFAXの特徴として覚えておいて、導入の際にしっかりと検討したいですね。

 

インターネットファックスの導入を検討している方は、最初のページをぜひ読んでみて下さい!
費用やメリットなどを比較しています♪

 

>>主要なネットfax会社の比較を見たい方はこちらをクリック!<<

各社の比較表へ